各テーマのスキルを身につけるための勉強方法がすぐに分かる! いつでもどこでも、PCでもスマホでも見られる! 自分の気になるカテゴリーからどんどん見れる!

司書が現場で求められるスキルの
学び方を学べる
オンライン動画”パス・ファインダー”

「司書トレ」

1カテゴリー
980円(税込)で
学べる!!

司書トレとは?

オンライン動画“パス・ファインダー”司書トレとは、司書の方が知っておくべき「スキル・カテゴリー」ごとに、勉強方法を学ぶことができる動画コンテンツです。
(※「司書トレ」は、講義ではなく、ブックトークのような形式で、学ぶためのメディアのご案内と学び方を伝えるコンテンツです。)
  • 図書館のプロにご精査戴いた図書館司書が備えるべきスキル・カテゴリー全70余をテーマ動画化!
  • 好きな場所で、好きな時間に、興味のあるカテゴリーから学べる!
  • 続々と新テーマを追加予定!
  • 館種に拠らず、図書館司書なら身につけるべきスキルが満載!

実務経験豊富な講師陣

大橋 直人

おおはし なおと
1965年に文京区役所にて勤務開始後、1980年以降は文京区立本駒込図書館、文京区立真砂図書館(当時)、文京区立湯島図書館にて勤務、天神図書室開設も担当した。1990〜1999年に日本図書館協会 『図書館雑誌』編集委員、2001年〜2005年に日本図書館協会 常務理事、2001〜2020年は日本図書館協会 図書館政策企画委員長(2020年4月から委員)。2005〜2007年東洋大学非常勤講師、2007〜2019年大東文化大学非常勤講師をそれぞれ務めた。現在は図書館振興に係る政策提言、非常勤司書の社会的地位の改善に取り組む。

高橋 恵美子

たかはし えみこ
1973年東京学芸大学中学校課程社会科卒業、2013年3月東京大学大学院教育学研究科修士課程卒業、2020年3月東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。1973年~2010年3月神奈川県立高等学校に学校司書として勤務。1999年~2020年3月法政大学兼任講師、2014年~2017年3月相模女子大学非常勤講師、2015年〜2020年3月東京学芸大学非常勤講師、2017年~2018年3月駒沢女子大学非常勤講師を務める。2007年以降、日本図書館協会学校図書館部会部会長。著書に『図書館よ、ひらけ! 授業いきいき学校図書館』(公人社)、『学校司書という仕事』(青弓社)がある。現在は「学校図書館とマンガ」(ブックレット)出版を準備中。

手嶋 孝典

てじま たかのり
1972年に町田市役所にて勤務開始後、1980年以降は町田市立図書館(本館、さるびあ図書館、中央図書館)などで、主査、副館長、図書館長を歴任。2008年4月~2010年3月町田市公民館長。2007年以降は聖徳大学、富士大学にて司書・司書補講習の講師、和光大学、明星大学、大東文化大学、東京学芸大学にて非常勤講師を務めた。現在、町田の図書館活動をすすめる会代表、非営利活動法人共同保存図書館・多摩理事、国分寺市立図書館運営協議会第8期会長。図書館運営に市民の意見を反映させるための活動を行うとともに、多摩地域の公立図書館が除籍する資料を中心に、必要な資料を共同で保存し、提供できる仕組みづくりを模索している。

お客様の声

新着動画コンテンツ

最新の司書に役立つコンテンツをお届け!
閉じる

教科学習支援 高橋恵美子

¥980
学校図書館で行なう教科学習支援の活動を実現するための各段階の進め方。講師の経験を元に高校図書館を中心とした教科学習支援の具体的な流れやツールなども豊富な参考メディアの紹介とともに解説する。
閉じる

公立図書館と地方自治法 大橋直人

¥980
地方自治法・地方教育行政法・図書館法・条例・館則などによって規定される公共図書館の存在についての考え方。地方自治法に規定される総合計画での地方自治体のあり方にも合わせて触れる。
閉じる

図書館協議会等への対応・参画 手嶋孝典

¥980
図書館協議会等の図書館法上の位置づけや具体的な役割に関する知識。図書館協議会等の活性化のための適切な委員選定の面での歴史的変遷も振り返る。
閉じる

運営組織・方針等 高橋恵美子

¥980
学校側・生徒側の両方の組織によって運営される高校図書館の全体計画・運営(経営)方針のあり方。資料に関する方針や学校図書館シラバスをはじめとする豊富な具体的事例で説明する。  
閉じる

図書館利用教育 高橋恵美子

¥980
学校図書館機能の“図書館としての評価”を元に、生徒たちの日常の図書館利用を通した図書館利用教育のあり方。さらに、新入生や教職員に向けてのオリエンテーションなどの内容や進め方にも触れる。
閉じる

情報リテラシー教育 高橋恵美子

¥980
米国の学校図書館基準による情報リテラシー教育の展開に続き、高校図書館における探求的な学習の詳細な各段階の進め方。合わせて、ユネスコの提示するメディア情報リテラシーにも触れる。